本文へ移動

会社案内

代表者あいさつ

代表取締役 林原 美代子
代表取締役 林原 美代子
感 謝
 
 
 創業40年を迎えた今年度、精密板金生産ラインの工作機更新事業も完了し、更なる増産体制を築くべく工場の増築事業に着手しました。このたび無事落成し、中型の製缶作業もスムーズに行えるスペースを確保しました。
 また、太陽光発電や工場内の水銀灯や事務所の蛍光灯をLEDに変えるなど環境問題への取り組みも継続しております。
 ここ数年で、お客様の求められる品質水準も随分と上がってきており、自然と私たちが製品と向き合う姿勢も変わって参りました。まだまだ未熟ではございますが、真心を込めて最高のコストパフォーマンスと最短のリードタイムでユーザー様のご期待にお応えして参ります。
 
代表取締役 林原美代子

会社概要

会 社 名ステンレス工機株式会社
所 在 地〒689-3553 鳥取県西伯郡日吉津村日吉津212
電話番号0859-27-3288
FAX番号0859-27-0034
代 表 者代表取締役 林原 美代子
設立年月日1976年
資 本 金2000万
業務内容
薄板板金加工
従業員数
25名
取引銀行
山陰合同銀行日野橋支店・米子信用金庫日野橋支店・鳥取銀行米子東支店
商工組合中央金庫米子支店・日本政策金融公庫米子支店・中国銀行米子支店
資格認定
鳥取県知事認可(般-2)第3722号
建設業許可板金工事業・内装仕上工事業・建具工事業

会社沿革

1976年
大田利夫がステンレス厨機製作所として創業。厨房機器の製作開始
1977年
板金加工機械(シャーリング、コーナーシャ―、プレスブレーキ等)を購入
1983年
長尺加工の需要が高まり、幅広のシャーリングアマダH4065(4M)を導入
1985年
加工品の多様化に伴い、NCタレットパンチプレスを導入
1985年
資本金1000万円でステンレス工機株式会社を設立し、改称
1986年
生産品の大型化に対応し、アマダプレスブレーキFBD2504(4M,250t)を導入
1987年展開CADを導入
1988年
資本金を1500万円に増資
1989年隣接地に新工場(現在の本社)を建設
1998年林原美代子が代表取締役就任。アマダレーザーLC1212αⅡ導入。
1999年展開CAD・CAMアマダAP100、AP60導入
2003年
資本金を2000万円に増資。アマダタレットパンチプレスVZ358NT導入
2010年
アマダAP100及びネットワーク対応自動プログラミングシステム導入
2010年
アマダプレスブレーキHDS1303を導入。 加工ラインのネットワーク運用開始
2011年
アマダレーザー加工機FO-MⅡ3015NT導入。工場内照明をLEDに変更
2012年アマダHD5020NT、AP100、SHEET WORKS、ベンドCAM導入
2014年
アマダパンチ・レーザー複合機LC2012C1NT導入
2015年アマダHG2204プレスブレーキ導入
2017年
工場及び駐車場の増築工事が落成し、溶接組立作業スペースを拡大

交通アクセス

住  所:〒689-3553 鳥取県西伯郡日吉津村日吉津212

▼お気軽にお問い合わせください

ステンレス工機株式会社
〒689-3553
鳥取県西伯郡日吉津村日吉津212
TEL:0859-27-3288
FAX:0859-27-0034

-------------------------------------
・ステンレス板金加工
-------------------------------------
TOPへ戻る